ホーム » 初めての方へ

初めての方へ

団体概要

ピープルアクティブライフは、“つながり”を理念として掲げ、人と人のつながり、人と自然のつながり、人々が繋がりあい、生き生きとした場を提供していくことを目的に活動しています。

現在は、基盤づくりとして子ども事業を中心に活動していますが、今後はさらに輪を広げ子どもからお年寄りまで様々な人が繋がりあえる世界を目指し、これからも活動を続けていきたいと思っています。

想い

ピープルアクティブライフでは、電車でのマナーや、人が嫌がることをしない、あいさつをするなどの最低限のマナーは指導していますが、それ以上に伝えたい想いを持っています。

【子ども達は自らのちからで、行動し、失敗し、考え、成功をものにしていく過程にこそ価値がある】

私たち大人たちが転ぶ前に多くの杖を用意してやることは子ども達のその栄養をとっているということ
しかし、ひとりでは乗り越えられない壁は山ほどあります。
ひとりでは重たい荷物も、仲間と呼べる助けがあるから持つことができます。
目的を忘れず、前進していこうとする想いがあるから仲間は力を貸してくれる
仲間の大切さ、自分自身への葛藤を乗り越え、本当のちからがつくのだと思います。
そんなお互いを支えあえる環境を整え、活動していくことが私たちの務めです。

環境づくりとしては、毎年同じ活動をいくつかいれているのは成長に合わせた環境づくりとして
初年度、2年目と年を重ねていくごとに自分の役割の重要度が増し、求められる内容や役割は毎年変わってきます。
こうした活動を通して子ども達は小さな社会の経験を通し、自己肯定感、自尊心などを育てていくことができます。
自らの葛藤を乗り越え、自他共に認め合える環境が大切なのです。
こうした体験を積み上げていくことで
高学年、中学生という年頃を迎えた時、子ども達の発言、姿勢、考え方などが
前向きで積極的な行動になる様子が多く見られるのもこうした環境の影響と感じています。

現在行っている3つの子ども事業

縦割り日帰りアウトドア活動《わんぱくクラブ》

高学年向けアウトドア活動《アドベンチャースクール》

シーズン宿泊キャンプ《キャンプクラブ》

また、その他にもさまざまな工夫とシステムがございますので、
紹介していきたいと思います。

毎年、年間を通して季節に合わせた様々なキャンプを行っています。
魔法使いを目指したり、宝物を探したりの本格的なストーリーキャンプや登山やいかだづくりや釣り体験、スキー、かまくらづくりなどのアウトドアキャンプ。
そのほか、パティシエキャンプ、イルカキャンプ、秘密基地づくりなどの面白キャンプがあります。
低学年向けのキャンプでは、子ども達が家を離れ、自分たちだけでカレーづくりや様々な活動をすることで、自信につながり、最初の1歩を踏み出すきっかけづくりや、みんなといっしょにすることの楽しさを感じることでの成長の促しを目標として実施しています。
高学年向けの長期キャンプでは、子ども達同士の人間関係に焦点をあて、まわりのお友達や自分自身と向き合い、仲間と困難に立ち向かい乗り越えられた時の達成感や葛藤など、次の1歩を踏み出すきっかけづくりとして実施しています。
キャンプだけで終わるのではなく、家に帰った後の子ども達の成長を見据えての活動を心がけています。


日帰りの【わんぱくクラブ】は、月1回の活動ですが半年の教育プランによる成長は少しずつその姿を形として確認いただける活動となっています。お子様により成長の差や質はまちまちですが、楽しい活動を通して参加することで『はじめは不安いっぱいだったのが、今では見る影もない』というような葛藤を乗り越えるちからがつき、『こんなに体力がついてたなんて…』という夏休み明けの話はよく聞きます。通年とおして参加いただいている保護者様からは『学校でも最近下の子等の面倒をみてくれるんですよ~』『将来は、みなさんのようなリーダーになることが夢だといつも語っています。』など目標を持った行動ができるようになる様子などその成長は大きいものだと感じています。自分への葛藤、周りの人達との関係づくり…など

さまざまな活動が子ども達を大きく育てている様子から私たちもこれまで以上に自信をもって関わっていけるようになったように思います。

子ども事業では、“子どもの自立の促進”を目指し、それぞれの事業を展開しております。

また、私たちだけのちからだけではなく、保護者様のご理解、ご協力があってこその活動だと感じています。

私たちの活動は、日常をより輝いたものにするための“きっかけづくり”と考えており、保護者様には初めて活動に参加するまでの子ども達の気持ちのケアや、活動から帰った子ども達との話し相手となり、子ども達の成長の瞬間に大きく影響を与えているように感じています。

子ども達以上に不安があったとしても押しころし、子ども達を笑顔で見送っていただいていることも。

活動が終わり、たくさんの子ども達の成長を見て、聞いて自信につなげていただいていることも。

それができるのは、私たちではなく、普段から一緒にいてる保護者様のみなさんです。

これからも、私どもは精一杯の“きっかけづくり”を作っていきたいと思います。

変わらぬ、ご理解とご協力のほど、これからもよろしくお願いいたします。

活動の特徴

オリジナルプログラムキャンプ満載

その他にも、大冒険、川遊び、おばけやしき、お笑い、工作キャンプ、クッキングキャンプなどユニークな名前とプログラムで子ども達のやる気を高める工夫を常に行っています。時にくやしさや我慢といった感情と向き合うこと、たのしさや感動などのこころ弾む体験など喜怒哀楽をしっかりと感じ、表現してこそ、前に向ける気持ちが生まれると考えています。

安心サポート

帰宅バス状況連絡サポート

解散1時間前よりバスの状況を専用の掲示板にアップしています。遅延などその状況にあわせてお迎えに来ていただけます。

ブログ速報サポート

その日の活動の様子が見れます。基本的には夜間のアップとなるため、朝方には前日の様子を見ることが出来ます。

夜の見回りサポート

夜のトイレの声かけはもちろんのこと、夜1時、朝方4時の見回り時に夜尿のためのチェックと、トイレに連れていきます。

専門資格制度

PALの活動における重要ポストを資格発行しており、現場の経験、知識としての理解などの経験を通して、職員による最終審査に合格したものが資格を認定されます。こうした団体内での研修や意識向上の制度をPALでは積極的に取り入れています。

初めての参加時はお友達との調整も…

本来、新しい友達づくりをするための環境の場として事業を実施していますが、最終的にそういう場にも対応していけれる子ども達に育ってもらうためにはまず《はじめのきっかけ》が必要になってきます。子ども達にとって、ひとりでの参加は心細いもの、頑張れるようになったときに頑張るスタイルも必要だとも考えています。希望の方は、確約はできかねますが低学年の方を優先して調整も行なっています。

詳しくは、事務局スタッフまでお問い合わせください。

ひとグループ6~8人の充実の生活スタイル

日帰り、宿泊共に、ひとつのグループの人数が6~8人の構成になります。また、そこには必ずひとり以上の担当リーダーがつき、安全面はもちろんのこと、関係をうまく築くためのサポートを行ないます。

キャンプ終了後

文集・プチアルバムのプレゼント!!

キャンプ中撮った写真をいっぱいに敷き詰めた下敷き(プチアルバム)をキャンプ終了時プレゼントしています。また、キャンプで文集を書いたものは文集も同封しております。